自然が奏でる子守唄
村に流れる【川辺川】が14年連続水質日本一!
九州の自治体で人口最小(離島除く)ですが、住民の皆さんが非常に温かく困ったときはお互いさま!何かあればご近所同士手助けしながら生活しています。
また、子育て世帯への補助を手厚くしており、満18歳まで医療費無料や子育て支援金の給付など多くの支援があります!
熊本県南部、九州山地の山々が連なる山岳地帯に位置する五木村。村の約94%が山林になり、緑深い山間の自治体です。
このむらには電車が止まる駅もなければ、24時間営業のコンビニや信号機もありません。
あるのは山の木々が織りなす緑と、どこまでも澄んだ川の水と、季節の移り変わりを教えてくれる花や鳥や魚たち。そんな自然のなかに、むらの日々の暮らしがあり、ゆるやかに流れる時間があります。
ここには、ないものもたくさんありますが、ここにしかないものだってたくさんあります。ちょっと不便を楽しむつもりで、五木村での地方生活をはじめてみませんか。

▼人口

1,034人(令和2年10月末現在)

▼気候

九州だが標高約300mのため、夏は近隣自治体より涼しく冬は寒い。

 

▼大阪からのアクセス

伊丹空港 ~ 鹿児島空港(所要時間1時間5分)
関西国際空港 ~ 鹿児島空港(所要時間1時間10分)

鹿児島空港 ~ 五木村(所要時間 車で1時間25分)

家のアイコン
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
★当日は●●をお話しします! 
五木村には【林業大学校】という学費が無料で尚且つ就業準備支援金をもらいながら林業について学べる学校があります!
こちらの学校や林業関係に関する団体や企業をご案内させていただきます。
また、村内の企業と関わることができる副業・兼業やワーケーション、移住体験ツアーなどについてもご紹介させていただきます!
★担当者よりヒトコト
土屋望生(つちやのぞみ)
五木村出身。東京の社会起業家育成を行うNPO法人で修業後Uターンし、
地域おこし協力隊として移住定住業務に携わりながら㈱日添を設立。

加藤大雄(かとうはるお)
大分市出身。医薬関連商社・メーカーにて九州、関西、海外にて勤務後
五木村役場に入庁。現在、移住定住や企業誘致など担当。

 

© 2021いなスタ

by 認定NPO法人ふるさと回帰支援センター

大阪ふるさと暮らし情報センター

​大阪市中央区本町橋2-31 シティプラザ大阪1階 

iju@osaka-furusato.com

​☎ 06-4790-3000

  • Facebookの - ブラックサークル