よろこびの 風薫るまち 伊方
伊方町は四国・愛媛県の最西端、佐田岬半島に位置する人口9,000人ほどの町です。佐田岬半島は日本一細長い半島と言われており、長さは約40㎞、幅は最短で800mです。瀬戸内の特徴である「海と山がとても近い」ことを体現するような地域で、半島の北側は瀬戸内海、南側は宇和海に囲まれています。急峻な地形を生かした柑橘栽培も盛んです。
瀬戸内海と宇和海の2つの海に囲まれた佐田岬半島の豊かな自然の中で暮らすことができます。仕事は自然を相手にした農家や漁師、福祉関係、各観光施設など様々です。通信環境は万全で、サテライトオフィスの設置やワーケーション等を行なえば、自然の中でリフレッシュしながら仕事をすることも可能です。休みの日は畑や家庭菜園での農作業や魚釣りをしたり、町内を散策したりして、自然をゆったりと満喫してください。日用品は町内のスーパーや商店で購入でき、まとまった買い物などは車で近隣市町の大型スーパーや店舗に行けば大体のものは揃います。伊方町の西側にある三崎港からフェリーを使えば、大分県まで約70分で行くことができます。

▼人口

8,954人(2020年9月末時点)

▼気候

年間平均気温16℃温暖な気候。

海に突き出た半島のため風が吹きやすい地域です。

 

▼大阪からのアクセス

伊丹空港から飛行機とレンタカーで約2時間半。

自家用車で約5時間。

愛媛県伊方町03
愛媛県伊方町03

愛媛県伊方町02
愛媛県伊方町02

愛媛県伊方町01
愛媛県伊方町01

愛媛県伊方町03
愛媛県伊方町03

1/3