゛日常の暮らし゛が一番の自慢です!
氷見市は、富山県の西北、能登半島の付け根に位置する人口約4万6千人の小さなまちです。多くの自然に包まれており、全国的に有名な寒ブリをはじめとする海の幸や、山の幸などの美味しい恵みがいっぱいです!日本で初めて発見された洞窟住居跡の大境洞窟や、大伴家持ゆかりの史跡など、歴史のロマンにも満ちています。
氷見市は魚だけでなく、氷見牛や農作物など里山の恵みも豊富で、“食”が毎日の生活を豊かに彩ってくれます。また、海と山が近い特徴的な地形により世界的に珍しい、海越しに3000m級の山々を臨むことができるなど美しい景色を日常で楽しむことができます。さらに、最近は移住者による新規創業が相次いでいます。今年6月には産業支援拠点Himi-Bizもオープンし、起業を考えておられる方からの相談等に対する支援体制が更に強化されました。そして、妊娠から子育てまでオーダーメイドで支援する子育て世代包括支援センターや、美味しい給食など、官民を挙げて、全国トップクラスの手厚い支援を行っているため、充実した子育てライフを送ることもできます。

▼人口

46,009人(令和2年11月1日現在)

▼気候

降雨量は全国平均と比較して多い傾向で湿度は高め。

積雪は山間部以外は比較的少なめ。夏は東京と同じくらい暑く、

冬は寒い、四季をしっかりと感じられる気候です。

 

▼大阪からのアクセス

【電車の場合】

 湖西線経由北陸本線  特急サンダーバード金沢行で金沢駅(2時間40分)

 → IRいしかわ鉄道富山行で高岡駅(39分) → 氷見線で氷見駅(29分)

  約3時間48分

【車の場合】

 名神高速道路豊中IC・北陸自動車道経由 約4時間36分      

余川から見た氷見
余川から見た氷見

氷見市画像
氷見市画像

氷見市長坂の棚田
氷見市長坂の棚田

余川から見た氷見
余川から見た氷見

1/3