「ふつうの暮らし」曽爾村(そにむら)
曽爾村は人口約1400人の小さな村ですが、曽爾村の中心を流れる曽爾川に沿って集落がある非常にまとまりのある村です。観光資源も多くありススキの有名な曽爾高原、天然温泉「お亀の湯」を中心に、年間約40万人もの観光客が訪れます。最近ではカフェやレストラン、ゲストハウスなど様々なお店ができ活気ある村です。
曽爾村では移住者と地域住民との間にまったく隔たりがなく、すぐに溶け込める環境であるため、もともと曽爾で生まれ育ったかのように違和感なく生活することができます。田舎ならではの近所のおっちゃん、おばちゃんが野菜届けてくれたり、気さくに話してくれるような温かい空気が村全体に広がっています。
 また、移住者としの分け目ない「ふつうの暮らし」、曽爾村での伝統文化、昔ながらの行事なども生活していくなかで「ふつうの暮らし」の一部となり、不便だけど豊かな生活を実現することが可能です。

▼人口

約1,400人

▼気候

高原冷涼多雨地域

 

▼大阪からのアクセス

阪神高速松原線 → 西名阪自動車道 → 名阪国道 → 「針インター」より国道369号線経由

26
26

1
1

43
43

26
26

1/3